『質的心理学研究』について

Japanese Journal of Qualitative Psychology

数量化がしにくい質的なデータをどう扱い、分析し、どういう形でまとめればよいのでしょうか。本誌は、心理学およびその関連学問領域における質的研究に発表の場を提供し、質的研究の発展を図ることを目的として、1年に1回発刊しています。



『質的心理学研究』編集委員会(2018年度)


編集委員長
永田素彦(京都大学)

副編集委員長
川島大輔(中京大学)
松嶋秀明(滋賀県立大学)

編集委員
青山征彦(成城大学)
香川秀太(青山学院大学)
河原智江(共立女子大学)
近田真美子(福井医療大学)
田垣正晋(大阪府立大学)
中坪史典(広島大学)
松本光太郎(茨城大学)
宮内洋(群馬県立女子大学)
森直久(札幌学院大学)
安田裕子(立命館大学)
八ッ塚一郎(熊本大学)
渡邉照美(仏教大学)

編集監事
勝浦眞仁(桜花学園大学)
北村篤(昭和音楽大学)
境愛一郎(宮城学院女子大学)
田中元基(東京都健康長寿医療センター研究所)

査読委員(2018年度より新設)
青柳美樹(国際医療福祉大学)
秋谷直矩(山口大学)
荒川歩(武蔵野美術大学)
蘭由岐子(追手門学院大学)
池田真理(東京女子医科大学)
磯村陸子(千葉経済大学短期大学部)
今尾真弓(静岡県立大学)
大川聡子(大阪府立大学)
岡本直子(立命館大学)
沖潮(原田)満里子(湘北短期大学)
岸野麻衣(福井大学)
木下寛子(九州大学)
久保恭子(東京保健医療大学)
曽山いづみ(奈良女子大学)
竹内一真(多摩大学)
種吉啓子(首都大学東京)
塚田守(椙山女学園大学)
辻本昌弘(東北大学)
中山貴美子(神戸大学)
東村知子(京都教育大学)
日友郎(福島県立医科大学)
文野洋(文京学院大学)
古井克憲(和歌山大学)
保坂裕子(兵庫県立大学)
細馬宏通(滋賀県立大学)
村上幸史(神戸山手大学)
八木絵香(大阪大学)
山田富秋(松山大学)
山本美智代(首都大学東京)
矢守克也(京都大学)