2015年度の企画



日本質的心理学会研究交流委員会・作業療法を社会学・障害学する研究会共催 『共同研究会 作業療法に活かす質的研究法 in 熊本』

【概要】質的研究に興味がある作業療法士の方たちのための共同研究会を開催します。講演で質的研究の魅力を理解してもらい、後半は発表とスーパーヴァイズで具体的な方法に迫っていきます。日々の臨床のなかで芽生えた問題意識を研究という成果につなげてみませんか。初心者の方々にも興味をもってもらえるような内容となっています。作業療法士以外の方もご参加いただけます。

【日時】2016年2月27日(土)13時〜18時

【場所】熊本保健科学大学2号館2階 2207教室 https://www.kumamoto-hsu.ac.jp/about-uni/access.html

【参加費】無料

【プログラム】
13:00〜13:05 開会挨拶 
13:05〜14:35 講演「質的研究のすすめ」 木下康仁教授(立教大学)
14:50〜15:40 「タイ仏教を信仰する労災障害者の障害観―タンブンに焦点を当てて―」
        岩下夏岐(熊本保健科学大学) SV 佐川佳南枝(熊本保健科学大学)
15:50〜16:40 「臨床実習に対する学生のイメージ―現代の学生が思い描く臨床実習とは」縄馬明人(熊本総合医療リハビリテーション学院) SV 山野克明(熊本保健科学大学)
16:50〜17:50 「M‐GTAを用いた保健師によるソーシャル・キャピタル醸成プロセスの研究」戸渡洋子(熊本保健科学大学) SV 木下康仁(立教大学)
17:50〜18:00  全体質疑

【申し込み方法】件名に「作業療法に活かす質的研究法 申し込み」、本文に@氏名、A所属、B職種、Cメールアドレスを明記のうえ、下記のアドレスにメールでお申込み下さい。

熊本保健科学大学 保健科学部リハビリテーション学科 担当:山野

【申し込み締め切り】2016年2月22日(月)

日本質的心理学会研究交流委員会主催・子育て学会広報委員会後援 『ウチの子あるある座談会2015 & 出前講習会:子育てエピソードの書き留め方』

【概要】
 日本子育て学会では、保護者・子育て支援者・研究者が三位一体となり共同して、子育てを支える、そして楽しむ仕組みを模索しています。これは、日常生活から乖離しない立ち位置を模索するという点において、日本質的心理学会と目的を共有しているといえるでしょう。本企画は、2学会コラボ企画で、子育て座談会および講習会を連続開催します。前半の子育て座談会「ウチの子あるある座談会2015」では、いくつかのエピソードを呼び水として、我が子エピソードや保育支援のエピソードを自由に、そしてざっくばらんに語り合います。後半は、日本質的心理学会研究交流委員会の出前講習会として、質的心理学会より2名の講師にご登壇いただきます。古賀松香先生からは、子育てや支援のエピソードをどのように記録すればよいか、記録のコツやヒントを含めて、時間を超えて読み返すことのできる記録の残し方についてお話いただきます。菅野幸恵先生からは、その記録がどのように活用可能か、発表や分析として使うとしたらどのような可能性があるのかについて伺います。そして、実際に座談会で語り合ったエピソードを書いてみるという作業をしながら、研究にとらわれない子育てや保育支援の思い出を残す作業について考えたいと思います。
 
*前半の子育て座談会の時間は、保護者あるいは支援者としての視点でご参加ください。
*呼び水エピソード用の参考図書(準備不要です);岡本依子・菅野幸恵・塚田-城みちる『エピソードで学ぶ乳幼児の発達心理学−関係のなかで育つ子どもたち』(新曜社)/菅野幸恵・塚田満・岡本依子『エピソードで学ぶ赤ちゃんの発達と子育て−いのちのリレーの心理学』(新曜社)
*子育て学会の本企画サイト; http://kosodategakkai.jp/2015conf/sympoinfo/
 
【日時】2015年11月28日(土) 10:00〜12:30
*子育て学会第7回大会(11月28日〜29日)内の企画です。他の企画へも参加される方は、大会への参加申し込みが必要です。
【場所】甲南女子大学921教室 http://kosodategakkai.jp/2015conf/access/
 
【座談会ファシリテーター】菅野幸恵(青山学院女子短期大学)・古賀松香(京都教育大学)・岡本依子(湘北短期大学)
【出前講習会講師】古賀松香(京都教育大学)・菅野幸恵(青山学院女子短期大学)
【タイムスケジュール】10:00〜11:20 企画説明と子育て座談会
           11:30〜12:30 出前講習会とまとめ
 
【申し込み】本企画のみに参加する質心会員は、参加費無料で、事前申し込みが必要です。以下のアドレスに、@名前、A所属(無所属も可)、Bメールアドレス等連絡先を記載してお申し込みください。
【申し込み期限】11月21日
【申し込み・問い合わせ先】岡本 yoriko(アット)shohoku.ac.jp(「アット」を@に)
 
(研究交流委員 岡本依子)

『現象学的研究入門――考え方と方法』

 
研究交流委員会は会員の研究法習得ニーズに答えるべく、毎年『質的心理学研究法セミナー』を開催しています。今年は、昨年度松山大学にて行われた第11回大会でも講習会が開催され、反響の大きかった現象学的研究の考え方と方法についてです。今回は1日じっくりと現象学の世界に触れることのできる機会です。ふるってご参加ください。
 
【概要】
現象学的研究は、哲学の理解の難しさ、研究方法が明示されていないこと、多様なスタイルで研究が報告されている等々によって、取り組むことが難しい思われることが多いようです。しかし、現象学の“考え方”と研究を進める“筋道”が分かると、具体的な方法、特に分析の視点が見えるようになります。本セミナーでは、これを実体験しつつ検討して、現象学的研究の醍醐味と分析の楽しさを味わって頂きます。
【日時】2015年10月2日(金)第12回大会前日 10:30〜16:30
【場所】2号館2階、227教室
【講師】西村ユミ(首都大学東京大学院人間健康科学研究科 教授)
「臨床実践の現象学会」を2015年8月8日に設立し、第1回大会大会長として開催。
専門は看護学、身体論、現象学的研究方法
 
【現象学的研究方法とその成果に関する業績】
1.松葉祥一・西村ユミ(編著)『現象学的看護研究――理論と分析の実際』医学書院、2014年
2.西村ユミ『看護師たちの現象学――協働実践の現場から』青土社、2014年
3.佐藤登美・西村ユミ(編著)「“生きるからだ”に向き合う――身体論的看護の試み」へるす出版、2014年
4.西村ユミ:交流する身体―〈ケア〉を捉えなおす、日本放送出版協会、2007年
5.西村ユミ:語りかける身体−看護ケアの現象学、ゆみる出版、2001年
 
【参加費】日本質的心理学会会員は2,000円、非会員は4,000円
 
【タイムテーブル】
10:30〜12:00 第1部 講師による講義 「考え方と方法」
12:00〜13:00 第2部 参加者の自己紹介とグループワークの準備[食事をしながら]
13:00〜14:30 第3部 グループワーク(分析の試み)
14:30〜14:45 コーヒーブレーク
14:45〜16:00 第4部 発表と質疑応答
16:00〜16:30 第5部 講義とまとめ
 
【テキスト】
松葉祥一・西村ユミ(編著)『現象学的看護研究――理論と分析の実際』医学書院、2014年
 
【事前課題】
1.テキストの第1部と第3部を読んでくる。
2.関心を持っている(あるいは自身の)研究課題、及びそれにかかわる研究動機(自身の経験を含む)を書いてくる。
 
・申込方法
【申込・問い合わせ先】1002seminar_gmail.com(「_」を@に変換してください)
※上記は、第10回セミナーの申し込み・問い合わせ専用アドレスです。
【申込期限】2015年8月31日 【定員】20名
【申し込み時の記載内容】(1)氏名と所属(無所属でも可)、(2)連絡先、(3)研究主題と研究領域、
(4)現象学的研究との関わり、(5)応募理由(400字以内)、(6)会員/非会員の別
 
※定員を超過する申込があった場合、HP等で予告した上で、申込期間より早期に申込打ち切りとさせていただき、定員は増やさないが聴講生(議論等には参加できない)として認められる場合があります。