2016年度の企画



対話する方法論:TEA(複線径路等至性アプローチ)×IPA(解釈学的現象  学的分析)

日時:2017年3月20日(月・祝) 12時45分〜17時(予定)

場所:東京大学本郷キャンパス赤門総合研究棟2階201

講師:安田裕子(TEA担当:立命館大学)・松下弓月(IPA担当・東京大学)

企画趣旨:質的研究法にはいろいろな方法論があり、それぞれ共通点と特色が  あります。この企画では、 2つの方法論について学ぶことを通して、方法論  についての考察を深めたいと思います。

タイムスケジュール:
 12:45 趣旨説明
 13:00 TEA(複線径路等至性アプローチ)講習(安田)
 13:30 IPA(解釈学的現象学的分析)講習(松下)
 14:00 2部屋に別れて班ごとに実習(安田・松下)
 16:00 集まって講評・方法論についての考察 (17:00 終了予定)

参加申込み:事前申し込み制、各方法論25名。日本質的心理学会会員のみ  定員になった際はできるだけ早く学会サイト上でお知らせしますので、確認の  うえ、お名前・ご所属・職位・TEAかIPAかを含め、お申し込み下さい。  参加者は3/13までに以下のテーマで1200字程度の作文を提出のうえ、当日まで  に、事前学習の書籍を読んできて下さい。

事前課題テーマ:「自分の専門分野を選ぶに至った経緯」
(できるだけ時系列に沿って書いて下さい。
そこで遭遇したこととその対処、どのようなことが壁となり、あるいはどのよ うなことが助けとなったか、今どう感じているか、その専門分野について今もっ ている展望、自分自身についてどう思うか、周りの人はどう感じているかなども あれば)

ご提出いただいたものの一部を使って実習します。
記述をぼかしたり、実際とは異なる内容を入れ込んでいただいても全く構いません。

『現象学的研究入門――分析と記述』

 研究交流委員会は会員の研究法習得ニーズに答えるべく、毎年『質的心理学研 究法セミナー』を開催しています。今回は、現象学的研究のアドバンス編―分析 と記述についてです。ふるってご参加ください。

【概要】現象学的研究は、哲学の理解の難しさ、研究方法が明示されていないこ と、多様なスタイルで研究が報告されている等々によって、取り組むことが難し い思われることが多いようです。しかし、現象学の“考え方”と研究を進める “筋道”が分かると、具体的な方法、特に分析の視点が見えるようになります。 本セミナーでは、これを実体験しつつ検討して、現象学的研究の醍醐味と分析 の楽しさを味わって頂きます。

【日時】2016年9月23日(金)第13回大会前日 10:00〜16:00

【場所】名古屋市立大学内の教室を予定)

【講師】西村ユミ(首都大学東京大学院人間健康科学研究科 教授)

【参加費】日本質的心理学会会員は2,000円、非会員は4,000円

【申し込み時の記載内容】(1)氏名と所属(無所属でも可)、(2)連絡先、(3)研 究主題と研究領域、(4)現象学的研究との関わり、(5)応募理由(400字以内)、 (6)会員/非会員の別

【申込期間】2016年7月1日〜2016年8月23日

◎定員は20名です。。

◎定員を超過する申し込みがあった場合、申込期限より早期に申し込みを打ち切  りとさせていただきます。